【読みもの】輪を作るお兄さん

Uber Eatsな日常

 

アプリの音が鳴る。

「マクドナルドだ」

リクエストが鳴った瞬間、私は有無を言わず依頼を受けた。

マックは短距離案件ばかりで割り良い、ピンの位置を見て瞬時に判断できるまでに、いつの間にかなってしまっていた。

そのままお店へ急行し、いつもの流れでオーダー番号告げた、

その横目で見たお客様の名前、

何か、あるかもしれない...

スポンサーリンク

輪を作るお兄さん

マクドナルドの掲示板を確認すると、まだお料理はできていない、注文量は実に少なく、配送料の方が高くなりそうな案件であった。

お客様の名前をもう一度しっかりと確認してみる、

イナズマが走っているではないか!?

それも濁点付きだ。

文字という文字がどこにも存在せず、記号のみであしらわれた名前は、どこか悲しそうである。

この時点で、爆弾である確率は50%、あとは配達先を確認すればあらかた判断がつく。

配達先を確認し、これは輪ができるてるかもしれない、っと思った。

その案件には番地がなく、町名もない、横浜市に届けて欲しいという内容のもの。

「横浜市のどこにいるのだどうか?」

もしいるなら、是非とも届けてみたい。お兄さん案件だ。

ピンの位置までいくと、先に到着した配達員たちが笑っている。

私もまた、笑いながらその輪の中へと入る。

街中に突如としてできあがるUber Eats配達員たちの輪、

全てを一瞬で理解し、出るはずのない電話を掛け、10分タイマーを起動させた。

Uber Eats配達員が困り果ててしまうのはここからだ、

この受取手のいない料理をどうのように処理するのか?

食べてしまって良い。そういうルールだが、そう簡単に配達の途中で食べれるハズもない。

ましてやここは立派な公共の場。

ダメと言うことはないであろうが、やっぱりそれなりの所までは移動せねばならない。

一人がマックの分配を始める。

せっかくだから休憩でもしながらマックを食べるよと言う者と、早く次の配達へ向かいたい者同士のWINWINな取引だ。

しかし、輪の中ではWinWinであっても、輪の外ではWinとLoseがいる、それが実態。

私は、中に入っていたマック全てを戦友に渡し、あいウーバックの中をカラにした。

そうこうしている間に、また一人、輪の中へとやってくる者がいるではないか...

スポンサーリンク
おすすめの記事