【Uber Eats配達員確認必須】10分タイマーの使い方解説・利用の注意点あり

Uber Eats(ウーバーイーツ)Driverアプリの10分タイマーの使い方です。

利用上の注意点も一緒に確認しましょう。

スポンサーリンク

Uber Eats Diverアプリの10分タイマー使い方解説

配達先(ピンの位置)でお客様が見つからない...こんな時に10分タイマーを起動させます。

  1. 配達先でお客様が見つからなかったら電話をかける
  2. 10分タイマーを作動させて、アプリから通知する(メッセージも一緒に送信!
  3. 10分経過する前にプラス2回電話する
  4. タイマーがゼロになったら、適切な方法で処理する
  5. 次の配達に向かう

まずは、お客様に電話を掛けます。

応答がなかった場合、アプリ上部に「〇〇様は応答しませんでしたか?」のポップが現れます。

ここをプッシュします。

 

「お客様に通知しますか?」の確認メッセージが出るので、「送信」をプッシュします。

 

 

タイマーが作動しました。

 

赤丸の数字がゼロになるまでに、プラス2回電話します。

合わせてメッセージも送ってコンタクトを試みましょう。

 

 

ゼロになってしまいました...

「配達キャンセルボタン」を押して次の配達に向かいます。

お料理は適切な方法で処理します。

まとめ、

10分タイマーのポイント
  • 全部で3回以上電話する
  • メッセージも送信する
  • お料理は適切な方法で処理する

マチルダの場合

私の場合は、まずメッセージ。

10秒ほど待ち「既読」が付かなければ電話。

電話に出なければ10分タイマー作動の流れです。

 メッセージで返信来る人も多く、既読になるかどうかも分かるので必ず送りましょう。

残り5分で電話します。

残り1分で電話します。

以上...

できれば無くなって欲しいですね...

もしくは本日最後の配達なら良いのですが...

スポンサーリンク
おすすめの記事