Uber Eats配達パートナーはいつでも、どこでも好きな時に好きなだけ、

スマホ一つで自由に働けます。

すでに登録したよ!という人はこちらも参考にしてみて下さい。

Uber Eatsとは?〜ウーバーイーツ配達員の自由な働き方〜

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、Uber社の持つ配車アプリによってUber Eats配達パートナー、レストランパートナー、そしてユーザー(お客様)をオンライン上で繋ぎます。これにより、スマホ一つで、食べたかったあのお店の美味しいお料理が簡単に注文できるようになりました。

Uber Eatsのおかげで、人手が足りない、駅ビル地下街、街中のお店で車両を所持できない、こんなレストランであっても、簡単に出前を初める事ができます。

また、お料理を届けるUber Eats配達パートナーは、いつでもアプリをオンラインにするだけで働く事ができ、スキマ時間でもできるお仕事として定着して来ました。

Uber Eatsはユーザーにも大きなメリットがあります。過去の出前サービスは「いつ?届くか?」がまったく分からず、出前を待っている時間が苦痛に感じていた人も多いかもしれません。Uber EatsはGPSを使ってお料理を届ける配達員の位置をお知らせしてくれます。

これにより、「あとどのくらいで届きそうだ!」を目で確認する事ができ、時間をさらに有効活用することができます。

配達員の仕事の流れをみていきましょう。

Uber Eats配達パートナーは、注文が入るとアプリに配達依頼通知(リクエスト)が来ます。

リクエスト受けとった後は加盟店(レストランパートナー)までお料理を受け取り(ピック)に行き、ピック後は注文したユーザーに届けてお仕事完了です。

配達を継続したい場合は、次のレストランへとお料理を受け取りに行く、このサイクルを繰り返すだけのとっても簡単なお仕事です。

配達をすればするほど、あなたの知らない街へ行く機会も多くなります。きっと新しい発見と体験があるでしょう。

仕事終わりに3時間だけ、週末は朝から夜までたっぷり、なかにはUber Eats配達をしながらダイエットを頑張る人もたくさんいます。専業の配達員ともなれば、月に40万円以上稼ぐ人もたくさんいます。

Uber Eats配達パートナーはアカウントが有効化された瞬間から「いつでもどこでも好きなだけ」働く事ができ、好きなだけ収入を増やせる、まったく新しい働き方と言って良いかもしれません。

配達の報酬は?
おおよそ1件400〜600円の報酬を得る事ができます。発生した報酬は1週間ごとに清算され、日本時間、月曜朝04:00に確定します。そこから2〜3営業日後の水曜〜木曜日に登録の銀行口座に振り込まれます。
働けない時はどうなるの?
Uberと配達員の間に雇用関係がないため、配達しなければ無収入になってしまいます。

Uber Eats配達パートナーは登録のための条件を満たせば誰でも配達員になれます。

面接・履歴書・採用試験はありません。

登録要件
  • 18歳以上であること(18歳以上なら高校生もOK!)
  • 日本国で就労が可能であること(外国籍もOK!)

これだけ魅力的な働き方ができるのに、面接、採用試験はありません。

こんな人々を、ギグワーカーとも言います。

Uber Eats配達パートナーに登録する

登録の流れ
  1. Uber Eats配達パートナーアカウントを作成する
  2. Uber Driverアプリをダウンロードする
  3. 必要書類をアップロードする
  4. 書類の承認を待つ
  5. 書類が承認されたら配達開始!

過去は、登録完了のためUber Eats配達パートナーセンターに出向く必要がありましたが、2020年3月〜は、オンライン上全て完結できるようになりました。

Step1、Uberアカウントを作成する

電話番号は、携帯電話(Uber Eats配達で利用するスマホ)の電話番号を登録しましょう。配達中のトラブル時などに、お客様、レストラン、Uberから電話が掛かってくる事があります。
「宇都宮、横浜、岡山、久留米、宮崎、京都、広島、高松、札幌、鹿児島、松山、新潟、神戸、静岡、仙台、大阪、、長野、東京、奈良、姫路、浜松、富山、福岡、福山、北九州、名古屋」
Uber Eatsサービスエリアは全国に広がっています。あんたの稼働予定都市を選びましょう。また、登録都市以外でも、アプリをオンラインにすれば稼働する事ができます。
電話番号、都市、を間違えて登録してしまった。
マイページで後から変更する事ができます、安心して下さい。ただし、リアルタイム変更でないため、変更までには時間が掛かります。(1〜3営業日)

    Step2、必要書類をアップロードする

    Uberアカウントを作成したら、自分の使う車両に合わせて必要書類をアップロードします。配達車両により必要書類が異なります。

    自転車 原付バイク(125cc以下) バイク(126cc以上)、軽貨物
    身分証明書
    プロフィール写真
    運転免許証
    自賠責保険証明書
    ナンバープレートの写真
    軽自動車届出済証(車検証)
    任意保険または共済保険証明書

    自転車で配達!

    自転車で配達するには、「身分証明書」「プロフィール写真」2つの書類があれば登録する事ができます。自転車を使ってできる仕事はそうそうありませんね。ダイエット、試しにUber Eatsで働いてみたいという人におすすめです。
    身分証明書
    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 住民基本台帳カード
    • 学生証と健康保険証(学生のみ)
    プロフィール写真

    プロフィール写真は、無帽で正面を見ている顔全体の写真をアップロードします。サングラス、マスク、メガネ、厚化粧はNGです。また、背景にも気を配りましょう。背景に車や看板、大きな物が入っている写真は避けた方が無難です。

    原付バイクで配達!

    50cc〜125cc未満の原付バイクで配達するには「身分証明書」「プロフィール写真」「運転免許証」「自賠責保険証明書」「ナンバープレートの写真」が必要です。バイク配達の稼働エリアは広く、知らない街の知らないレストランを発見できる魅力があります。体力的に自転車ちょっと...という人にもおすすめです。
    自賠責保険証明書

    バイクで登録は、自賠責保険証明書が必要です。自賠責保険証明書に登録車両のナンバーが記載されていない場合、標識交付証明書を横に並べ、1枚の写真でアップロードします。

    ナンバープレートの写真

    自賠責保険、もしくは標識交付証明書と同じナンバーのナンバープレート写真をアップロードします。

    125cc以上のバイク・軽貨物車両

    125cc以上のバイク、軽貨物(軽自動車)では軽自動車届出済証(車検証)と任意保険または共済保険証明書が必要です。それぞれの書類は、Uberアカウントと書類上の氏名が一致している必要があります。

    Step3、銀行口座を登録する

    Uber Eatsの報酬は海外送金で送られて来ます。

    日本時間毎週月曜日の朝04:00に確定、銀行によって海外送金・入金に対応していない銀行があるので注意しましょう。

    Uber推奨の銀行
    • 東京三菱UFJ銀行
    • 三井住友銀行

    おすすめできない銀行

    NG!
    • ゆうちょ銀行
    • みずほ銀行
    • ネット銀行
    • 信用金庫

    ゆうちょ銀行、信用金庫は海外送金に対応していません。ネット銀行は対応していない、していてもトラブルが多いとの情報が上がっています。なるべく避けた方が無難です。

    みずほ銀行は、振込の度に電話確認が必要です。

     Uber Eatsマイページから変更可能

    アカウントが有効化された!さぁ、稼働開始!

    アカウントが有効化された後は、スマホ一つで働く最先端ギグワーカー!いつでも好きな時に好きなだけ、あなたの都合に合わせて働く事ができます。

    一緒にUber Eatsで夢を広げましょう!